内容が変わった新法

複雑で分りづらかった借地権の法律が新法として分りやすくなりました。複雑で地主に有利に働く可能性が多い旧法では不公平感が出てしまうこともあり、土地を借りている人を保護するために新法が改正されました。改正された結果法律の内容が緩和されて理解しやすくなりました。どの部分が改正されたかを理解しておかなければいけません。

スケジュール借地権には旧法と新法があります。それぞれの時期で内容が大きく異なっているので、正しい判断をしながら自分がどちらに当てはまるかを理解しなければいけません。借地権が大きく変わったのが平成4年の8月になります。この日から旧法の借地法、借家法、建物保護法が廃止されました。違いはありますが、このタイミングよりも以前に契約が成立しているものは、旧法に基づくことができますが、新法が適用されるのが平成4年8月1日以降に契約をした借地権に適用される特徴があります。

借地権には「賃借権」、「地上権」など数種類がありますが、そのほとんどは「賃借権」を指します。
中でも建物を所有するための賃借権は平成4 年8 月1 日び制定された「借地借家法(新法)」が適用されていますが、新法以前の契約は「旧借地法(旧法)」が適用されます

旧法で抑えておきたいポイントが「借地権の存続期間」です。存続期間は堅固建物で60年、非堅固建物で30年となっています。更新をすると堅固建物が30年、非堅固建物が20年となりますが、この期間に建物が朽廃してしまった場合は借地権が消滅してしまいます。


種類を理解する

借地権の旧法と新法は大きく変わりました。あらゆる建物だけでなくセットで土地を考えていかなければいけません。一般的に自分の土地に家を建てるのが常識ですが、土地の所有者が別にいて、その地主に地代を支払うときに発生する権利を借地権と言い、大きく分けて地上権と借地権の2種類があります

地上権は借りている土地の上にある建物を第三者に売却することもできますし、その建物で家賃収入を得ることもできるようになります。借りている土地を活用しながら建物をうまく利用することができるのが地上権の特徴になります。

家借地権は土地の所有者の承諾を得ることができて、はじめて建物を売却することができますし、誰かに貸すこともできるようになります。現在では借地権の多くが地上権になっていて、自由度が高い建物が多いです。このような事情があるからこそ、旧法では実現させることが難しかったことが新法ではできるようになったことはとても画期的なことです。

借地権の旧法は複雑だったことが多かったですが、新法になってから分りやすくなった部分が多いので、どのような種類の内容になったのかを理解しながら、新しく借地権を取得する人は、すぐに理解することができるように対応をしておきましょう。

次頁→内容が変わった新法


借地権の新法について

借地権は旧法と新法の違いがあります。種類も異なってきます。建物の敷地となる部分には所有権と借地権があります。借地権の場合には土地の所有者に毎月地代を支払うことになります。さらに建物を建てることを目的としている場合、地上権と借地権に分れていて、意味合いも異なってきますが、借地権には旧法と新法の2つに分かれています。借地借家法は平成4年に大きく改正された経緯がありました。

パソコンそれ以前から設定されていた借地権は旧法が適用されていますが、新法では建物の構造に関係なく、最低30年の借地権の存続期間となっています。さらに旧法では曖昧な部分が多かった、地主からの更新拒絶の要件を明確にしているのが新法の特徴になります。 このように借地権は旧法と新法で大きく異なっていますので、どのように内容が変わったのかを理解する必要があります。特に大きいのが平成4年の新法で設けられた「定期借地権」の規定は欠かすことができません。

そのために新法で一番重要なのが定期借地権と言っても過言ではありません。この定期借地権には「一般定期借地権」「建物譲渡特約付借地権」「事業用借地権」の3種類があることを理解しておきましょう。そうすることでより旧法と新法の違いを理解することができて、新法の特徴を知ることができます。 当サイトでは借地権の旧法と新法の違いについて解説しています。ここで理解してすぐに対応ができるようにしておきましょう。

次頁→種類を理解する