種類を理解する

借地権の旧法と新法は大きく変わりました。あらゆる建物だけでなくセットで土地を考えていかなければいけません。一般的に自分の土地に家を建てるのが常識ですが、土地の所有者が別にいて、その地主に地代を支払うときに発生する権利を借地権と言い、大きく分けて地上権と借地権の2種類があります

地上権は借りている土地の上にある建物を第三者に売却することもできますし、その建物で家賃収入を得ることもできるようになります。借りている土地を活用しながら建物をうまく利用することができるのが地上権の特徴になります。

家借地権は土地の所有者の承諾を得ることができて、はじめて建物を売却することができますし、誰かに貸すこともできるようになります。現在では借地権の多くが地上権になっていて、自由度が高い建物が多いです。このような事情があるからこそ、旧法では実現させることが難しかったことが新法ではできるようになったことはとても画期的なことです。

借地権の旧法は複雑だったことが多かったですが、新法になってから分りやすくなった部分が多いので、どのような種類の内容になったのかを理解しながら、新しく借地権を取得する人は、すぐに理解することができるように対応をしておきましょう。

次頁→内容が変わった新法